読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEWS ZERO 福山雅治20周年の道標



スポンサーリンク







スポンサーリンク



 2009年12月24日(木)、「NEWS ZERO」がデビュー20周年を迎えた

福山雅治さんにスタジオでインタビュー。

 

福山さんが20年をふり返りながら、自身が提供した「NEWS ZEROの主題歌

「道標」に込めた想いを語りました。

 

インタビュー 主題歌「道標」について


村尾キャスター:

「壊れてもまだ走り続けるわたしにもあなたは やさしく・・・」 

 作詞・作曲:福山雅治 2009年残響の「道標」から引用 

というのが、非常に心に残ったんですね。

福山さんでもこういう状態になるのかなっと、正直おもったんですけども・・・」

 

福山:

「いや、よく、なってますよ。

要はそれを・・・、まぁソングライティングっていう作業自体は、

それを自覚していく作業だと思うんですけど。

その自覚ないまま、暮らしてる人っていうのもいると思うんですね。

僕はたまたま歌を歌うとか、作詞作曲をする作業があるんで、

そのことを自覚しながら進めるんですけど。

自覚しないまま、そういう暮らしや生き方をしていると、

どんどん孤独になっていくと思うんですね。

なので、そういう人たちにも向けても、という意味も込めて、

何かこう、それが道標となる人がいることで救われる、

支えられるってことになるんじゃないかと思ってまして。

そういったメッセージの部分ですかね。ここは。」

 

杉野キャスター:

「この道標の中には、手ということばもたくさん出てきますよね。」

 

福山:
「年々、自分の手が似てきて、母方に。父方じゃなくって。

色濃く、なんかそっちの血を感じるんですよね。

この似てるって、なんか不思議だなって思ったりするんですよ。

年齢を重ねるたびに。

似てるって、ほんとに繋がってるんだなぁ、血が。

っていうのを、なんかものすごい実感するんですよね。」

 

杉野キャスター:

「道標っていうことばなんですけど、デビューされて20年、

キーワードとなった理由、背景を改めて・・・」

 

福山:

「そうですね。今、僕は普通に生きてるんで、人生の答えとか意味とか、

分からないまま探しながら、その都度見つけていってる状態だと思うんですけど。

当然、迷うし、見失うし、気も変わっちゃったりするしっていうところで。

だけど、壊れてもっていう話もありましたけど、

だけど、

やっぱり壊れっぱなしで生きてることはできないんで。

何か自分を支えてくれるもの、導いてくれるものって何だろうって思ったときに、

言葉や理由や目標ではなく、この血というもの、

命そのものを信じてみるというか、よりどころにするというか、

そういった思いでつくった歌ですね。」

 

道標の歌詞

http://j-lyric.net/artist/a000671/l0184a4.html

 

まとめ

 この番組出演から5年後、25周年を迎えた福山さんが、

家族について語った記事があります。

 

 実は福山はインタビューなどで「家族のことは好きじゃなかった」と語ってきた。

というのも、父親は博打好きでほとんど家にも帰らず、

パート勤めの母が家計を支えた。家族旅行も外食も買い物の記憶もない。

その父は17才で他界してしまうが、

福山は、小学生のある日の出来事を今でも鮮明に覚えているという。

その日、まだ少年の福山は父親から「たばこを買ってきてくれ」と

頼まれたが、近所に父親の好きな「LARK」が売っておらず、

遠くまで歩いて買いに行った。

帰宅した途端、母親から「どこに行っとったんね。

そんなに時間かかって。心配するがね!」と叱られたが、

父親はそんな母親を制し、こう優しくつぶやいたという。

「いやいや待て待て、そうじゃなか。

雅治は『LARK』ば探しに行ったと。コイツは根性だけはあるとたい」

当時に思いを馳せながら福山はしみじみとこう語った。

「ぼくは後にも先にも親父に褒められたのはそれだけ。

“根性だけはあるとたい”と言われたことが成功体験としてあって、

それを支えに東京で頑張った。

この25周年は、父ちゃんのその一言で支えられてきたんじゃないかって」

引用:デビュー25周年・福山雅治を支えた父親からの唯一の褒め言葉│NEWSポストセブン

 

 

「言葉や理由や目標ではなく、この血というもの、命そのもの」

 

 

よろしければ、こちらもご覧ください。

NEWS ZERO 福山雅治25周年の道標 - ジェット快調!

広告を非表示にする