読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリンピックエンブレム最終審査・選考、誰がどんな方法で?決定日は?



スポンサーリンク







スポンサーリンク



f:id:jetkaichou:20160409131654p:plain

出典:産経フォト

 

オリンピックエンブレムも最終候補が発表されました。

最終審査(最終選考)を行うエンブレム委員会のメンバー21名と決定方法、決定日、

一般に募集された意見がどう扱われるのかチェックしました。

 

 = 目次 =

 

オリンピックエンブレム最終候補

4月8日、次の4案(A~D)が最終候補として発表されました。

f:id:jetkaichou:20160409110526p:plain

出典:ホーム|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

 

 意見募集

最終候補4作品からエンブレム選定にあたって、広く意見の募集が行われます。

受け付けた意見は、エンブレム委員会の最終審査で参考とされます。

 

意見募集期間

4月8日~4月17日23時59分 ※はがきの場合は4月17日必着

 

■応募はインターネット上の特設ページからできます。

 

■はがきでの応募要領はこちら

郵便番号:101-8791

宛先:神田郵便局 私書箱132号

宛名:「東京2020大会エンブレム ご意見」係

記入する項目:

1. 評価する作品の記号(A~Dのいずれか)

2. 7つのキーワードのうち強く印象を受けるもの(複数可)

※キーワード:スポーツの力、日本らしさ・東京らしさ、世界の平和、

自己ベスト・一生懸命、一体感・インクルージョン、革新性と未来志向、

復興・立ち上がる力

3. この作品から受ける印象(150字以内)

 

最終決定日

4月25日

 

決定方法と決定する人たち

決定方法

全21名のエンブレム委員による

1人1票の投票を繰り返し、過半数を得た作品

に決定します。

参考:五輪エンブレム、過半数得るまで投票 選考方法を決定:朝日新聞デジタル

 

決定する人たち(エンブレム委員会)

エンブレム委員会のメンバー

(委員長1名、委員20名の計21名)

委員職業/役職
委員長
宮田 亮平(みやた りょうへい)
文化庁長官
今中 博之 (いまなか ひろし) 社会福祉法人素王会理事長
榎本 了壱 (えのもと りょういち) クリエイティブディレクター
京都造形芸術大学客員教授
王 貞治 (おう さだはる) 福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役会長
一般財団法人世界少年野球推進財団理事長
柏木 博 (かしわぎ ひろし) 武蔵野美術大学教授
勝井 三雄 (かつい みつお) グラフィックデザイナー
武蔵野美術大学名誉教授
志賀 俊之(しが としゆき) 日産自動車株式会社取締役副会長
杉山 愛(すぎやま あい) スポーツコメンテーター
元プロテニス選手
田口 亜希(たぐち あき) パラリンピック射撃日本代表
一般社団法人パラリンピアンズ協会理事
但木 敬一(ただき けいいち) 弁護士
検事総長
田中 里沙(たなか りさ) 事業構想大学院大学学長
宣伝会議取締役メディア・情報統
中西 元男(なかにし もとお) デザインコンサルタント
PAOS グループ(東京・上海)代
夏野 剛(なつの たけし) 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授
西崎 芽衣(にしざき めい) 立命館大学4回生
一般社団法人ならはみらい職員
長谷川 祐子(はせがわ ゆうこ) 東京都現代美術館チーフキュレーター
東京藝術大学大学院 国際芸術創造研究科教授
林 いづみ(はやし いづみ) 弁護士/桜坂法律事務所パートナー
中央大学法科大学院客員教授
フミ・ササダ 株式会社ブラビス・インターナショナル 代表取締役社長
松井 冬子(まつい ふゆこ) 日本画
松下 計(まつした けい) 東京藝術大学教授
マリ・クリスティ-ヌ 異文化コミュニケーター
山本 浩(やまもと ひろし) 法政大学スポーツ健康学部教授

出典:東京2020大会エンブレム|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

 

スポーツ、文化、芸術、社会福祉、法曹、産業界と 実に幅広い業界から21名もの方々

が委員となっています。

みなさん各業界でご活躍の忙しい方々、委員会開催の日程調整は、さぞご苦労された

のではないでしょうか。

 

まとめ 

昨年2015年9月1日に、大会の組織委員会がエンブレム使用中止を決定してから、

ここに至るまで、長い道のりでした。

4月25日、ついに決定されます。

意見募集要領によれば、審査基準は7つのキーワードのようです。

■スポーツの力

■日本らしさ・東京らしさ

■世界の平和

■自己ベスト・一生懸命

■一体感・インクルージョン

■革新性と未来志向

■復興・立ち上がる力

これらのすべてを1つのロゴで表現するのは、無理のように思います。

最終候補の4つも、それぞれに表現の方向性が違う印象です。

キーワードを1つずつとって、各作品を評価するのはなかな難しそうです。

個人的には、パッと見でCかD、どっちかというとCがいいかなと思ったりします。

一番躍動感があってダイナミックな感じで惹かれます。

あなたはいかがですか?