読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリーポッター続編ではマグルはノーマジ、スキンウォーカーとは?



スポンサーリンク







スポンサーリンク



f:id:jetkaichou:20160309020255p:plain

出典: 映画ナタリー

 

ハリー・ポッター」シリーズ続編の最新作

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

が11月23日に公開されることが決定しました。

舞台はこれまでのイギリスから一転、北アメリカです。

映画のストーリーとキャスト、原作者J・K・ローリングさんが自身のホームページに

掲載する「北アメリカの魔法界の歴史」についてご紹介します。 

 

 = 目 次 =

 

ノーマジとは

イギリスでは、魔法族でない一般人は「マグル」と言われていました。

北アメリカの魔法界では、一般人は「ノー・マジック」、略して「ノーマジ」という

スラングで呼ばれています。

 

スキンウォーカーとは

ネイティブアメリカンの伝承に登場する、動物に変身できる魔法使いや

魔女のことです。

これは、原作者J・K・ローリングさんの造語ではなく、実際、ネイティブアメリカンの

呪術師が動物の毛皮を被っていたことから、そう呼ばれるようになったようです。

 

ナバホ族のスキンウォーカー

f:id:jetkaichou:20160309163452p:plain

出典:Zahadolzhaacute

 

他にも魔法学校イルヴァーモーニー、アメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)などの

ことが「北アメリカの魔法界の歴史」に描かれています。

  

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

ストーリー

舞台は、「ハリー・ポッターと賢者の石」の時からさかのぼること約70年、

1926年のアメリカ・ニューヨークです。

主人公の名前は、ニュート・スキャマンダー。

彼は、ハリー・ポッターハーマイオニーたちがホグワーツ魔法学校の授業で

使っていた教科書「幻の動物とその生息地」を編纂した人物です。

魔法動物たちを研究するために世界中を旅し、発見した魔法動物たちを記録・捕獲

する、魔法界きっての”魔法動物学”魔法使い。

彼の持つスーツケースは、魔法のアイテムになっています。

時に危険な魔法動物たちをめいっぱい詰め込んでいても、スイッチを入れると中身が

魔法使い以外には見えなくなる仕組みになっています。

そのスーツケースに入れておいた魔法動物が逃げ出してしまい、米国魔法界と衝突して

追われるというストーリーです。

 

脚本

原作者のJ.K.ローリングが本作で脚本家としてデビュー。

主人公ニュート・スキャマンダーの人物像やその著書を深く掘り下げ、

小説のなかで構築してきたユニークな魔法の世界をさらに膨らませるそうだ。

 

キャスト

ニュート・スキャマンダー(主役 )

エディ・レッドメイン - Wikipedia

ポーペンテイナ(ヒロイン役の魔女)

キャサリン・ウォーターストン - Wikipedia

グレイブス(米国魔省トップクラスの“闇祓い”)

コリン・ファレル - Wikipedia

 

f:id:jetkaichou:20160309155118p:plain

出典:映画ナタリー

左からキャサリン・ウォーターストン演じるティナ、エディ・レッドメイン演じる

ニュート、アリソン・スドル演じるクイニー、ダン・フォグラー演じるジェイコブ。

 

「北アメリカの魔法界の歴史」

公開予定とサイト

原作者J・K・ローリングさんのホームページ「ポッターモア」に

「北アメリカの魔法界の歴史」が掲載されています。

3月8日~3月11日の期間、毎晩23:00に1章ずつ(全4章)公開されます。

アメリカの魔法学校イルヴァーモーニー、スキン・ウォーカー、

魔女裁判アメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)などアメリカの魔法世界が

描かれます。

 

下記のリンク(ポッターモア)からご覧ください。

 

特別映像も公開されました。

 出典:映画ナタリー

 

まとめ

原作者のJ.K.ローリングさん自らが脚本を書く

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」、楽しみですね。

予備知識として「北アメリカの魔法界の歴史」を読めば、より映画が楽しめそうです。

魔法学校は世界11カ国に存在するとされています。

日本にも“魔法処”と呼ばれる魔法学校が硫黄島にあるのです。

もしかしたら将来は、日本を舞台にしたハリー・ポッター」シリーズも

作られるかも知れません。

そうなったら、ベースになるのは陰陽師でしょうか。