読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真田丸」視聴率20%超、長澤まさみ、黒木華の登場でさらにアップか



スポンサーリンク







スポンサーリンク



 昨日放送のNHK大河ドラマ真田丸」第2回、視聴率が20%超え。

「八重の桜」以来3年ぶりとのことです。

 

17日に放送された俳優堺雅人(42)主演のNHK大河ドラマ真田丸」(日曜午後8時)の第2回の平均視聴率が、関東地区で20・1%(関西地区21・8%)だったことが18日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 大河ドラマの20%台は13年の「八重の桜」の初回で記録した21・4%以来、3年ぶりとなる。

引用:NHK大河「真田丸」第2回で視聴率20%に乗せる (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

武田信玄没後9年、長篠の戦で、武田軍が織田軍の鉄砲に大敗を喫して7年。

浅間山は48年ぶりに噴火。

武田家家臣団は、寝返りが相次ぎ、甲斐の名門武田は遂に滅んでします。

第1回から第2回と、風雲急を告げるめまぐるしい展開でした。

堺雅人さん演じる真田信繁(昌幸)の青年期。

織田軍が西を侵し、皆が西に気を取られてる際に、

南の徳川を警戒する機智をみせたり。

かと思うと、危険を顧ず駿河を偵察、徳川方に見つかって追われる無鉄砲さを

みせたり。

才気と奔放さが伝わってきました。

大泉洋さん演じる兄の真田信幸は、対照的に父、昌幸の命に忠実で、定石を重んじる

性格で、好対照です。

それぞれ次男らしさ、嫡男らしさがよく表れています。

信繁については、兄の信幸が

「物事柔和忍辱にして強からず。言葉少なにして怒り腹立つことなかりし」

の評を残しています。

堺さんの柔和さがぴったりです。そこに堺さん独特の軽妙さも加わって、

若き日の信繁が生き生きと輝いています。

脚本・演出は三谷幸喜さんですが、堺さんいわく、

 

「信繁をこう演じてほしいという三谷さんからのリクエストは

ありません。

『いまは好きにやれ』という時期なのかと勝手に解釈しています。」

引用:NHK大河ドラマ真田丸」完全ガイドブック (東京ニュースムック)

 

何も言われないんですね。俳優の個性をそのまま生かすということでしょうか。

 

2人の父親、真田家当主の真田昌幸草刈正雄さんが演じています。

1985年放送の「真田太平記」では信繁を演じていたんですね。

武田家の信頼厚い、才気あふれる武将を演じています。

ときとして、とぼけた物言いで、ちょっとつかみどころのない器の大きさを

感じさせてくれます。

計略を駆使して家康に恐れられ「表裏比興の者」と言わしめた片鱗がのぞきます。

この親子、三者三様の個性が、互いに引き立てあって、見ていて楽しいですね。

 

新府から真田の里に一家そろって無事にたどり着いたものの、

情勢は、武田家は滅亡、織田・徳川郡が領内に進攻してくるという、

危機のまっただ中。

これから一族の存亡をかけての戦国サバイバルに突入です。

とは言いながら、若武者信繁、恋もしなければなりません。

忙しいです。

第2回の予告では、長澤まさみさん、黒木華さんが登場していました。

前評判では、「最終秘密兵器」との呼び声高かった長澤まさみさん、第3回でもはや投入されるようです。

織田・徳川、北条、上杉とのかけひきもおもしろくなっていくでしょう。

これから、さらに視聴率は上がっていくのではないでしょうか。

第1回、第2回をまだ見てない方は、NHKオンデマンド でご覧ください。