読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北朝鮮の核実験(水爆)何度目?場所や規模、日本への放射能の影響は?



スポンサーリンク







スポンサーリンク



f:id:jetkaichou:20160106151139p:plain

今日、 10時30分頃、北朝鮮が核実験を行ったもようです。

 地図上黄色のピンマークが、実施場所です。

 

北朝鮮国営の朝鮮中央テレビの報道

北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは、

 

1月6日 12:30 「特別重大報道」


として水爆実験について以下を報じました。

 

「完全に成功した。民族の未来を力強く保障する歴史的な出来事だ」


「アメリカは敵対勢力とともに、わが国に対してさまざまな経済制裁を行っている。水爆を保有することは主権国家の合法的で自衛的な権利であり、誰も侵害できない。」


「核抑止力を質的、量的に絶えず強化していく。」

引用:北朝鮮 水爆の実験実施を発表 NHKニュース

 

放射能1月6日 12時44分現在)

原子力規制庁によりますと、これまでのところ

各地の放射線量の値に異常はないということです。

引用:原子力規制庁 大気中の放射性物質の監視を強化 NHKニュース

 

過去および今回の北朝鮮の核実験では、

すでに政府が作成済みの

「国外における原子力関係事象発生時の対応要領」

に基づき、放射能モニタリング強化が行われています。

 

1.モニタリングの強化

(1) 高空の大気浮遊じんの採取・測定

  航空自衛隊、(財)日本分析センター

(2) 空間放射線量率の測定 

 全国10ケ所の環境省施設 47都道府県、(財)日本分析センター

(3) 地上大気浮遊じん等の採取・測定 

 全国37ケ所、(財)日本分析センター(キセノン含む)

(4) 降下物 降水を含む の採取・測定 文部科学省

 47都道府県、(財)日本分析センター

引用:北朝鮮による核実験実施発表に対する放射能影響の観測結果について | 原子力規制委員会

 

 

日本政府の発表と対応

日本政府は、午前11時16分、菅官房長官が記者会見を行い、

北朝鮮付近で、自然地震ではない地震波を観測したと発表。

次の対処を行ったことを伝えました。


・関係省庁幹部を官邸に緊急参集。


北朝鮮関連情勢に関して組織変更
 「情報連絡室」⇒「核実験実施情報に関する官邸対策室」

参考:(お知らせ)北朝鮮付近を震源とする地震波の観測について | 首相官邸ホームページ

 

人工地震を観測したばかりですから、情報収集と事実確認が

最優先ということですね。

 

今後、アメリカ、韓国、安全保障理事会などと協調して

対策を検討ということになるのでしょう。

 

具体的な対策の発表は、少し待たなければなりません。

 

北朝鮮の核実験は、

2006年、2009年、2013年と続き、今回が4度目です。


3~4年おきに、ほぼ定期的に実施されています。


気象庁の発表によると、
人工地震の場所、時間、深さ、マグニチュードは次のとおりです。

2016年1月6日(今年)
発生時刻:    10時29分54秒
北緯:      41.6°
東経:      129.2°
深さ:      0km
マグニチュード: 5.1

2013年2月12日(前回の3年前)
発生時刻:    11時57分50秒
北緯:      41.2°
東経:      129.3°
深さ:      0km
マグニチュード: 5.2

引用:気象庁|報道発表資料

 

実験場所は、北朝鮮北東部の山中。
過去4回とも同じ場所です。


緯度としては、日本の北海道と本州の間、
ちょうど津軽海峡と同じぐらいでしょうか。

 

マグニチュードも前回と同様ということは、

威力も前回同様と思われます。

 

しかし、今回北朝鮮

 

「水爆実験に成功した。」

 

と発表しています。

 

原爆は核融合で、水爆は核分裂でエネルギーを
放出(爆発)します。


反応過程の違いから、原爆では、
広島・長崎級の10倍程度が威力の限界。


しかし水爆では、核融合物質の量を増やせば、
増やす分だけ威力を大きくできるそうです。
参考:水素爆弾 - Wikipedia

 

北朝鮮が水爆実験に成功したことが事実なら、
世界を恫喝するために
さらに強力な武器を手に入れたことになります。


まとめ

これで、北朝鮮が国際社会から孤立を深めるのは必至です。


武力で恫喝はできても、孤立すれば、
経済発展はない訳ですから、
国としての発展も望めないと思うのですが。


独裁者の意図というのは、まったくわかりません。